Lyrics - 1st Single「ソーダライト」

01. ソーダライト

雨上がり 浮かんだ空
沈む意識 幻
鍵をかけた瞼から
夢が溢れ続けた

頭で奏でるノクターン
記憶で歌うロンリネス
灰色に染まった空に
いくつもの色求めた

1つ 2つ 星は廻る
僕のコトなど気にもかけず
浮かぶ 消える 休むことなく
また月は僕を照らしてる

届かないから求めたくなる
届かなくても手を伸ばす
曇り空に紡いだ芽は
夜明けの前に開く


言語化出来ない メモリー
積もり積もる フラグメント
どうすればいい どうしたらいい
また今日も問いかける

逸る鼓動 動かぬ足
作りかけた壁を見つけた
喚く 騒ぐ 叩く 砕く
壊した壁は小さすぎた

見えない翼 羽搏かぬだけ
ノイズは語り続けてる
曇り空に育つ葉芽は
満月を目指し伸びる


夢を追うのに理由はいるかい?
目に見えるものが全てだと
生きる証明残していけば
今日は明日へ続いていく


届かないから求めたくなる
届かなくても手を伸ばす
曇り空に咲いた花は
太陽と共に笑う

02. ファイアクォーツ

畳み掛ける感情
白に戻る無常
足跡が消えたのなら
突き進めばいい

蒼く染まる 鳥の鳴き声
この街の支配者となれ
星は気づく 夜の終わりを
目を閉じて 光に消えた

また今日も始まると
巻き戻すしか出来ないの
向かい風に打たれて
怯む両足

立ち上がり突き進め
縛る枷を壊せ
僕を支配できるのは
僕しかいない


星は気づく 夜の目覚めを
月を見て 微笑んでいた

繕ったラプソディ
胸に抱え走り出す
後ろを振り返らず
進む両足

守りたいものは何?
信じたいものは何?
僕が求めているのは
すぐそばにある


畳み掛ける感情
白に戻る無常
足跡が消えたのなら
突き進めばいい


立ち上がり突き進め
縛る枷を壊せ
僕を支配できるのは
僕しかいない